楽観論(新潮新書)

古市憲寿/著
配信開始日: 2021/08/18
価格:968円(税込)
新潮新書
エッセイ・随筆 人生論 自己啓発
作品カナ:ラッカンロンシンチョウシンショ
紙書籍ISBN:978-4-10-610918-8
絶望って、安易じゃないですか? 危機の時代を、悲観的にならず生き抜くための思考法。
「日本はもうダメだ」「世の中悪くなる一方」。SNSでもメディアでも、聞こえるのは嘆きの声ばかり。たしかに世界は順風満帆ではないし、悲観論は人を賢く見せる。だが、僕たちはこの世界で生きていくしかない。だったらせめて、楽観的に捉えてみたらどうだろう。どんな出来事も視点をずらして眺めれば、違った景色が見えてくる。危機の時代、安易な厭世論に陥らず軽やかに生きるためのヒント。

購入サイト

古市憲寿(フルイチ・ノリトシ) プロフィール

1985(昭和60)年東京都生まれ。社会学者。慶應義塾大学SFC研究所上席所員。日本学術振興会「育志賞」受賞。若者の生態を的確に描出した『絶望の国の幸福な若者たち』で注目され、メディアでも活躍。他の著書に『誰の味方でもありません』『平成くん、さようなら』など。

この著者の書籍

エッセイ・随筆のおすすめ書籍

人生論のおすすめ書籍

自己啓発のおすすめ書籍

新潮新書のおすすめ書籍

ページの先頭へ