反ウェブ論 やっぱりウェブはバカと暇人のもの―新潮45eBooklet

中川淳一郎/著
配信開始日: 2013/06/21
価格:110円(税込)
新潮45eBooklet
文芸・総合 芸能・エンターテイメント 社会 メディア・マスコミ IT インターネット
作品カナ:ハンウェブロンヤッパリウェブハバカトヒマジンノモノシンチョウ45イーブックレット
何をトチ狂ったのかNHKを辞めたアナウンサーは、「ウエブ2・0」の妄想の被害者かも。ネットの声に担がれて、暴走してしまう困ったチャンが続出する理由は何なのか?
ユーチューブ、ツイッター、フェイスブック……SNSやメデイアの発展により、誰もが「表現」できる時代。だけど、要するに暇人が集う「バカ発見器」が増えただけの話。「市民による情報発信」というお題目の下、蔓延するのは韓国叩きとヘイトスピーチ。「愚者の行進」は、いつまで続くのか。

購入サイト

中川淳一郎(ナカガワ・ジュンイチロウ) プロフィール

1973(昭和48)年東京都生まれ。ネットニュース編集者。博報堂で企業のPR業務に携わり、2001年に退社。雑誌のライター、「TVブロス」編集者等を経て2020年8月現在に至る。著書に『ウェブはバカと暇人のもの』『夢、死ね!』『バカざんまい』等。

この著者の書籍

文芸・総合のおすすめ書籍

芸能・エンターテイメントのおすすめ書籍

社会のおすすめ書籍

メディア・マスコミのおすすめ書籍

ITのおすすめ書籍

インターネットのおすすめ書籍

新潮45eBookletのおすすめ書籍

ページの先頭へ