赤いモレスキンの女

アントワーヌ・ローラン/著、 吉田洋之/訳
配信開始日: 2020/12/21
価格:1,980円(税込)
新潮クレスト・ブックス
フランス文学
作品カナ:アカイモレスキンノオンナ
紙書籍ISBN:978-4-10-590170-7
男はバッグの落とし主に恋をした。手がかりは赤い手帳とモディアノのサイン本。
パリの書店主ローランが道端で女物のバッグを拾った。中身はパトリック・モディアノのサイン本と香水瓶、クリーニング屋の伝票と、文章が綴られた赤い手帳。バツイチ男のローランは女が書き綴った魅惑的な世界に魅せられ、わずかな手がかりを頼りに落とし主を探し始める。英王室カミラ夫人も絶賛、洒脱な大人のおとぎ話第二弾。

関連記事

購入サイト

アントワーヌ・ローラン(Laurain,Antoine) プロフィール

1972年パリ生まれ。大学で映画を専攻後、シナリオを書きながら短編映画を撮り、パリの骨董品屋で働く。自分そっくりの18世紀の人物画を手に入れたコレクターをめぐる小説『行けるなら別の場所で』で作家デビューし、ドゥルオー賞を受賞。『煙と死』『ノスタルジーの交差点』に続く『ミッテランの帽子』でランデルノー賞、ルレ・デ・ヴォワイヤジュール賞を受賞、世界的に注目を集めた。『赤いモレスキンの女』も20か国以上の言語に翻訳され、ドイツ語版がベストセラーに、イタリア語版はジュゼッペ・アチェルビ賞を受賞した。フランスでは映像化の企画が進んでいる。

この著者の書籍

吉田洋之(ヨシダ・ヒロユキ) プロフィール

1973年東京生まれ。パリ第3大学学士・修士課程修了、同大学博士課程中退。フランス近現代文学専攻。訳書にアントワーヌ・ローラン『ミッテランの帽子』、エリック・フォトリノ『光の子供』がある。

この著者の書籍

フランス文学のおすすめ書籍

新潮クレスト・ブックスのおすすめ書籍

ページの先頭へ