世間のカラクリ(新潮文庫)

池田清彦/著
配信開始日: 2017/04/21
価格:539円(税込)
新潮文庫
社会 ノンフィクション一般
作品カナ:セケンノカラクリシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-103530-7
健康、安全、環境と、人気生物学者が世の定説にもの申す。ホンマでっかな痛快エッセイ。
栽培生物ならいいが野生動植物を食べるのは良くない、という倒錯。100年後の予測ばかり報道して科学的事実を報道しないマスコミ。健康診断の基準値変更で一気に増えた患者。がんの検診、手術、抗がん剤治療の強要――。政治的強者や利権で儲ける輩が言い続ける定説を、そのまま信じていいですか。人気生物学者が、不都合な事実の数々を示して鮮やかに切り込む、痛快サイエンス時評。

関連記事

購入サイト

池田清彦(イケダ・キヨヒコ) プロフィール

1947(昭和22)年、東京生れ。東京教育大学理学部卒業。東京都立大学大学院生物学専攻博士課程修了。山梨大学、早稲田大学名誉教授。構造主義生物学の地平から、多分野にわたって評論活動を行っている。著書に『構造主義生物学とは何か』『構造主義と進化論』『分類という思想』『新しい生物学の教科書』『環境問題のウソ』『「進化論」を書き換える』『世間のカラクリ』、共著に『ほんとうの環境問題』『マツ☆キヨ』などがある。

この著者の書籍

社会のおすすめ書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ