漱石と日本の近代(下)(新潮選書)

石原千秋/著
配信開始日: 2017/11/10
価格:1,144円(税込)
新潮選書
ノンフィクション一般 作家論 日本史
作品カナ:ソウセキトニホンノキンダイ02シンチョウセンショ
シリーズ名: 漱石と日本の近代
紙書籍ISBN:978-4-10-603806-8
一貫して漱石が描こうとしたもの、それは「女」という謎であった――。
都市空間に住む家族の物語を描き続けた漱石。明治民法によって家の中にも権利の意識が持ち込まれ、近代的「個」の自覚、生活に浸透する資本主義、家族を離れた愛など、新たなテーマが見出されていった。中でも漱石にとって最も謎に満ち、惹かれた対象は「女の心」だった……。後期六作品を中心に時代と格闘した文豪像を発見する試み。

関連記事

購入サイト

石原千秋(イシハラ・チアキ) プロフィール

1955年生まれ。成城大学大学院文学研究科国文学専攻博士課程中退。東横学園女子短期大学助教授、成城大学文芸学部教授を経て、2017年5月現在、早稲田大学教育・総合科学学術院教授。日本近代文学専攻。現代思想を武器に文学テキストを分析、時代状況ともリンクさせた“読み”を提出し注目される。著書に『秘伝 中学入試国語読解法』『学生と読む『三四郎』』『秘伝 大学受験の国語力』『漱石はどう読まれてきたか』(以上、新潮選書)、『近代という教養――文学が背負った課題』(筑摩選書)、『読者はどこにいるのか――書物の中の私たち』(河出ブックス)、『なぜ『三四郎』は悲恋に終わるのか――「誤配」で読み解く近代文学』(集英社新書)、『反転する漱石 増補新版』(青土社)、『漱石入門』(河出文庫)、『教養としての大学受験国語』(ちくま新書)などがある。編書に『生れて来た以上は、生きねばならぬ――漱石珠玉の言葉』(新潮文庫)など。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

作家論のおすすめ書籍

日本史のおすすめ書籍

新潮選書のおすすめ書籍

ページの先頭へ