新着 夜明けのカルテ―医師作家アンソロジー―(新潮文庫)

午鳥志季/著、 朝比奈秋/著、 春日武彦/著、 中山祐次郎/著、 佐竹アキノリ/著、 久坂部羊/著、 遠野九重/著、 南杏子/著、 藤ノ木優/著
配信開始日: 2024/05/29
価格:880円(税込)
新潮文庫
文芸一般
作品カナ:ヨアケノカルテイシサッカアンソロジーシンチョウブンコ
紙書籍ISBN:978-4-10-105271-7
9名の医師作家が臨場感あふれる筆致で描く、空前の医学エンターテインメント集!
その眼で患者と病を見つめてきた医師にしか描けないことがある。新米研修医が気づいた真実。引きこもり患者を救うひと癖ある精神科医。無差別殺人犯への緊急手術。友の脳腫瘍に握る電気メス。深夜の出産に奔走する医療チーム――。彼らは考える。決断する。オペを行う。あなたの命を守るために。9名の医師作家が、知識と経験をもとに臨場感あふれる筆致で描く、空前の医学エンターテインメント集。(解説・吉田大助)

購入サイト

午鳥志季(ゴドリ・シキ) プロフィール

(1993-)神奈川県生まれ。東京大学医学部卒。2019年、電撃小説大賞応募作に改稿を加えた『AGI-アギ- バーチャル少女は恋したい』で作家デビュー。ほかに『それでも、医者は甦(よみがえ)る―研修医志葉一樹の手術カルテ―』「君は医者になれない 膠原(こうげん)病内科医・漆原光莉」シリーズなどの作品がある。2024年5月現在は都内の急性期病院で診療と研究に従事する。

この著者の書籍

朝比奈秋(アサヒナ・アキ) プロフィール

(1981-)京都府生まれ。医師。2021年、「塩の道」で林芙美子(ふみこ)文学賞を受賞。2022年、同作を収録した『私の盲端』でデビュー。2023年、『植物少女』で三島由紀夫賞、『あなたの燃える左手で』で泉鏡花文学賞と野間文芸新人賞を受賞。

この著者の書籍

春日武彦(カスガ・タケヒコ) プロフィール

(1951-)京都府生まれ。日本医科大学卒。産婦人科医として勤務した後、精神科医に転進。松沢病院精神科部長、多摩中央病院院長などを歴任する。小説作品に『僕たちは池を食べた』『緘黙(かんもく) 五百頭(いおず)病院特命ファイル』『様子を見ましょう、死が訪れるまで 精神科医・白旗慎之介の中野ブロードウェイ事件簿』などがある。

この著者の書籍

中山祐次郎(ナカヤマ・ユウジロウ) プロフィール

(1980-)神奈川県生まれ。鹿児島大学医学部卒。京都大学大学院で公衆衛生修士を、福島県立医科大学大学院で医学博士を取得。湘南医療大学臨床教授。2019年に『泣くな研修医』で小説家としてデビュー。シリーズあわせて五〇万部を超えるベストセラーに。ほかの作品に『俺たちは神じゃない 麻布中央病院外科』がある。大腸がん治療を専門とする消化器外科医として日々手術を執刀している。

この著者の書籍

佐竹アキノリ(サタケ・アキノリ) プロフィール

(1992-)北海道生まれ。2014年、アルファポリス・ファンタジー小説大賞特別賞を受賞しデビュー。2022年から内科専攻医として勤務している。「ホワイトルーキーズ」「異世界に行ったら魔物使いになりました!」などのシリーズ作品がある。

この著者の書籍

久坂部羊(クサカベ・ヨウ) プロフィール

(1955-)大阪府生まれ。大阪大学医学部卒。外科医、麻酔科医を経て、外務省に入省。在外公館にて医務官を務める。2003年、『廃用身』で作家デビュー。2014年、『悪医』で日本医療小説大賞を受賞。ほかに『破裂』『神の手』『芥川(あくたがわ)症』『老父よ、帰れ』『善医の罪』『MR』などの作品がある。2024年5月現在は健診センターにて非常勤勤務。

この著者の書籍

遠野九重(トオノ・コノエ) プロフィール

(1986-)大阪生まれ。三重大学医学部卒。2014年『張り合わずにおとなしく人形を作ることにしました。』で小説家デビュー。「異世界で手に入れた生産スキルは最強だったようです。」シリーズなどライトノベルのほか、医学エンターテインメント『サクリファイス 地方特命救急科 たった二人のER』も手掛ける。脳外科医であり、2024年5月現在は健診、産業医業務など幅広い分野で医療に携わっている。

この著者の書籍

南杏子(ミナミ・キョウコ) プロフィール

(1961-)徳島県生まれ。日本女子大学を卒業後、出版社勤務。33歳で、東海大学医学部に学士編入。大学病院等を経て、2024年5月現在は高齢者専門病院に勤務する。2016年『サイレント・ブレス』でデビュー。ほかに『いのちの停車場』『ブラックウェルに憧(あこが)れて』『ヴァイタル・サイン』『アルツ村』などの作品がある。

この著者の書籍

藤ノ木優(フジノキ・ユウ) プロフィール

千葉県生まれ。順天堂大学医学部卒。2021年、『まぎわのごはん』で作家としてデビューする。2023年、『あしたの名医 伊豆中(いずなか)周産期センター』で北上次郎オリジナル文庫大賞を受賞する。ほかの作品に『あの日に亡(な)くなるあなたへ』『アンドクター 聖海病院患者相談室』『-196℃のゆりかご』がある。首都圏で産婦人科クリニックを営んでいる。

この著者の書籍

文芸一般のおすすめ書籍

新潮文庫のおすすめ書籍

ページの先頭へ