『遺体』それからの物語―新潮45eBooklet

石井光太/著
配信開始日: 2013/03/08
価格:110円(税込)
新潮45eBooklet
男性向け総合 ドキュメンタリー ドラマ・映画・アニメ関連
作品カナ:イタイソレカラノモノガタリシンチョウ45イーブックレット
大震災直後の遺体安置所の極限状態を描いた映画『遺体 明日への十日間』。原作者が約2年を経て再訪した釜石は、いまも静かな悲しみを湛えていた――。
震災直後、たくさんの遺体が収容された凄惨な光景と、そこで「厳しい現実」に向き合った人々を追ったルポルタージュ『遺体』が、映画となって公開された。取材から約2年。あのとき遺体安置所で出会った人々は、いまどんな日々を送っているのだろうか。

購入サイト

石井光太(イシイ・コウタ) プロフィール

1977(昭和52)年、東京生れ。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。ノンフィクション作品に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『遺体』『浮浪児1945-』『「鬼畜」の家』『43回の殺意』『本当の貧困の話をしよう』『こどもホスピスの奇跡』など多数。また、小説や児童書も手掛けている。

この著者の書籍

男性向け総合のおすすめ書籍

ドキュメンタリーのおすすめ書籍

ドラマ・映画・アニメ関連のおすすめ書籍

新潮45eBookletのおすすめ書籍

ページの先頭へ