対談 真犯人はそこにいる―新潮45eBooklet

石井光太/著、 清水潔/著
配信開始日: 2014/04/18
価格:110円(税込)
新潮45eBooklet
ノンフィクション一般 ドキュメンタリー ルポルタージュ 社会 メディア・マスコミ
作品カナ:タイダンシンハンニンハソコニイルシンチョウ45イーブックレット
冤罪はなぜ生まれるのか、遺族とどう向き合うか、そして社会の闇とは? 日々、現場に立つ二人が、事件取材の「真骨頂」を語り合った。
「遺族の人は、どこかで何かを言いたい気持ちがあると思う」(清水)、「事件は社会の奥深くにある闇に根を張っているものです」(石井)――。「北関東連続幼女誘拐殺人事件」を追い『殺人犯はそこにいる』を著したジャーナリストと、貧困、医療、戦争などをテーマに旺盛な執筆活動を続ける作家。桶川ストーカー、尼崎連続変死、マレーシア麻薬密輸、そして足利事件……、自ら歩き回った事件取材の裏側とは? 現場の息吹が伝わる、社会派対談。

購入サイト

石井光太(イシイ・コウタ) プロフィール

1977(昭和52)年、東京生れ。国内外の文化、歴史、医療などをテーマに取材、執筆活動を行っている。ノンフィクション作品に『物乞う仏陀』『神の棄てた裸体』『絶対貧困』『遺体』『浮浪児1945-』『「鬼畜」の家』『43回の殺意』『本当の貧困の話をしよう』『こどもホスピスの奇跡』など多数。また、小説や児童書も手掛けている。

この著者の書籍

清水潔(シミズ・キヨシ) プロフィール

1958(昭和33)年、東京都生れ。ジャーナリスト。新潮社「FOCUS」編集部を経て、日本テレビ報道局記者・解説委員。2014(平成26)年、『殺人犯はそこにいる――隠蔽された北関東連続幼女誘拐殺人事件』で新潮ドキュメント賞、日本推理作家協会賞(評論その他の部門)を受賞。同書は2016年に「文庫X」としても話題になる。著書に『桶川ストーカー殺人事件――遺言』(新潮文庫)、『騙されてたまるか――調査報道の裏側』(新潮新書)、『「南京事件」を調査せよ』(文藝春秋)がある。

この著者の書籍

ノンフィクション一般のおすすめ書籍

ドキュメンタリーのおすすめ書籍

ルポルタージュのおすすめ書籍

社会のおすすめ書籍

メディア・マスコミのおすすめ書籍

新潮45eBookletのおすすめ書籍

ページの先頭へ